総量規制対象外のカードローンまとめ<低金利でしっかり借りるならこのカードローンでしょ>

総量規制対象外のカードローンまとめ<低金利でしっかり借りるならこのカードローンでしょ>

総量規制ってなんだろう?

「総量規制とは一体、何?」と考えている方に簡単に説明しますね! 総量規制とは簡単にいうと年収の3分の1までしか融資が受けられないルールなんですよ。借金が増えすぎて多重債務になり、その後に自己破産する人も増えたため新しい措置として生まれたものなんです。お金を借りる上では影響することも多いため簡単に覚えておくと良いですね。 でも一部総量規制が対象外になる金融業者があるって知っていますか? もし総量規制の対象となっていても、条件を満たすと貸付が可能となる場合もあるんです。よくいわれるのが1本にまとめることで借り入れ金額が少なくなったり、返済が有利になるなら問題無いわけなんですよ。それらはおまとめローンといって金融機関で専門の商品を提供して総量規制を回避していることがあるんです。 また、銀行系でも総量規制外となるのは覚えておきたいことです! 総量規制が対象となるのは主に消費者金融やクレジットカードのキャッシングなどですね。銀行は例外となっているため大きな額が必要な場合は銀行または、銀行系のキャッシングを利用すると便利ですよ。 つまり銀行は賃金業法には関係がないということ。 消費者金融などは賃金業法に影響されるため、総量規制の対象となるわけなんですね。一方銀行は銀行業業でルールが決められているわけなんです。適用とされる法律が違うということ。
カードローンの審査

レイクが総量規制外になっちゃった

以前はレイクといえば消費者金融だから総量規制の対象だったはず。でも今は関係ないって知っていますか?
総量規制が適用された時、レイクの業績はかなり落ちたのだとか。収入の3分の1までしか貸付ができなくなれば当然ですよね。1人当たりの利用金額も減るわけだし、もしかしたら今まで使えていた人だって利用できなくなっちゃうのです。専業主婦とかもNGだし、アルバイトやパートの働き方だとあっという間に基準値。

 

なぜレイクは総量規制対象外になったの?

その理由は新生銀行がレイクを一部吸収したからなんです。

公式サイトを見るとちゃんと新生銀行の名前が付いていましたよ。利用者にとっても銀行グループだと安心感があるし、レイクにとっても総量規制外となることでメリットは大きかったんじゃないかな。そのおかげでレイクの印象もだいぶ良くなった気がする。

 

その買収価格は5800億円だったみたいですよ!
レイクを当時5800億円で買収したのはすごいですね。これで新生銀行の銀行の強みと、消費者金融のスピード感が合体したわけです。今ではアコムやアイフル、プロミスなど良く聞く名前と隣り合う形で自動契約機も見るようになりましたよね。レイクは最大180日まで無利息期間があるから利用したい人も多いかも。

楽天銀行スーパーローンは総量規制対象外

総量規制の対象外となる銀行のローンをひとつ紹介しますね!
楽天銀行のスーパーローンがネットで利用する人には使いやすいかもしれませんよ。楽天銀行や楽天市場などで共有できるポイントがあるのが特徴かもしれませんね。銀行や楽天市場で買い物を利用したことがある方も多いはず。そんな方ならカードローンでも違和感無く使えると思います。

 

最大500万円の利用金額が売りです。
そして利用金額は銀行のためやや高めという感じがしますね。消費者金融でも大手ならこのくらいの限度額はありますが、その点楽天銀行だと金利が低いのが嬉しいポイントだったりします。最大でも14.5%のため小額融資から高額融資まで対応できるという感じでしょうか。

 

申し込みが簡単な人に良さそうなローンです。
楽天銀行のローンは利用金額200万円までなら収入証明書の提出が不要なんです。消費者金融だと50万円の限度額で必要になることも多く、利便性は高いといえますね!審査ハードルは低めだといわれています。

 

注意したいのは途中で審査の見直しがあること。


申し込みのしやすさ、総量規制対象外、利用金額などを考えてもおすすめはできるのですが、やはり銀行ではあるので後々の審査が厳しい傾向があるんですよ。利用中で再度利用者の審査が見直されることがあるんです。きちんと使う人には問題がありませんけどね!

 

カードローンを作るならココ

カードローンを作るなら、自分の目的をしっかり認識してからローン会社を決めてください。消費者金融であれば、大手のアコム、モビット、プロミスなどがおすすめです。もし銀行に口座を持っているなら、自分の普段使っている銀行のカードローンは比較的審査が緩やかと言われています。審査について詳しくは下記のサイトをご覧ください。
カードローンについて

楽天カードとローンの兼用は実は危険かも?

総量規制外となる楽天銀行ローンですが、利用方法を注意しなきゃダメって知っていますか?
どんな所を注意したら良いか詳しく紹介しますね!

特に注意したいのが楽天クレジットカードを持つ方なんです。

この銀行は審査が甘いローンといわれているんだけど、利用中に再度審査が入ることがあるです。その審査の対象は当然楽天クレジットカードの履歴にも及ぶことは間違いないでしょう。もし既に楽天クレジットカードを持っていて、1回でも延滞したことがあるなら直ぐに止めた方がいいですよ!その理由から減額されちゃったり、最悪の場合は利用停止になったり・・・

 

スーパーローンの利用でもクレジットカードに影響があるかも。

これも注意したい点ですね。ローンを利用していれば当然クレジットカードの信用にも傷が付くわけで、ショッピング枠やキャッシング枠の利用制限が付く場合があるんです。何となく利用しやすいことから申し込んじゃう人はいるのですが、その後のことは良く考えて利用しましょう。

 

楽天市場の買い物履歴も実は影響するかも。

意外と見逃されているのが楽天市場の買い物履歴なんですよ。よく買い物をしてくれる人、クレジットカードを使うけど返済も大丈夫なら審査も通りやすいといえるんです。また楽天市場、クレジットカード、楽天銀行全ての利用暦があれば当然お金の流れも把握されているわけですしね。

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ